小形風力発電

  • TOP
  • > 事業案内
  • > 小形風力発電

小形風力発電

小形風力発電所

アジアエネルギーバンクの小形風力発電案件一覧はこちらをご確認ください。

エグザラス社と代理店契約を締結しました。

アジアエネルギーバンク株式会社(代表取締役 井上 浩士)は、米国の風力発電メーカーである『XZERES』エグザラス社(president フランク・グレコ)と代理店契約を締結しました。
この度の代理店契約により、弊社は①安定した資材調達、②調達コストの削減を実現しました。また、エグザラス本社とのタイアップで、現在、米国本社技術者の指導に頼っている施工管理面の強化を図るべく、施工技術認定制度を導入する予定です。


小型風力発電について

homepage-1_442sr-1024x467
再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)のスタートにより、風力発電機によって創り出した電力を電力会社に販売することが可能となりました。このFITの適用の中でも小形風力発電は、開始以来55円(税別)というもっとも有利な価格で設定されています。

しかしながら高額の買い取り価格を設定されているのは、もともと小形風力自体の収益がなかなか見込めず、不利であることも理由のひとつです。それが小形風力が普及しない大きな理由となっているのです。また若干の地域差はあっても面積で発電に正比例する太陽光発電と異なり、風況がよい場所では2倍ほどの発電量となる違いもあります。とくに日本では安定して風力が吹く場所は少なく、また台風が頻繁に訪れること、面積が狭まれることなども問題です。


太陽光発電と小形風力発電はバランスのとれた電源

太陽光発電と小形風力発電はバランスのとれた電源です。夏場は太陽光発電の方が発電量が多く、冬場は風力の方が発電量が多くなっています。お互いの弱点を補うことができるため、電源としての魅力が風力にはあります。
aeb-%e9%a2%a8%e5%8a%9b


小形風力発電の魅力

太陽光発電で生み出した再生可能エネルギーを一定期間固定価格で電力会社に売電することができるのが、固定価格買取制度です。2012年からスタートしたこの固定価格買取制度は、1年ごとに価格が見直されており、年々低価格化してきています。

風力発電の買取価格(20Kw未満)は、55円となっており、太陽光発電の価格と比べ倍以上の価格となっていて魅力的です。


小形風力発電のメリット

● 風が吹いていれば24時間発電する
● 太陽光発電ほど大きな敷地がいらない
● メンテナンスが安くて楽
● 場所によって発電量が大幅に変わる

年間平均風速が5.5m/秒の場所だと 10Kwあたり 21,270Kwhの発電量
年間平均風速が 8m/秒の場所だと 10Kwあたり 41,708Kwhの発電量

小形風力発電は太陽光発電と違って、場所が重要となってきます。
そして小形風力発電は発電量が数倍も違います。



XZERES MACHINES FOR SERIOUS POWER™について

aeb-%e9%a2%a8%e5%8a%9b-2

XZERES 442SRは、エグザラス社(アメリカ証券取引市場にて上場)が製造している、10kWクラス最高レベルの小型風力発電機です。20年にわたるエグザラス社の技術の集大成として、優れた効率性・耐久性を持ち、再生可能エネルギーを低コストで生産可能です。エグザラス社はアメリカに留まらず、世界に向けて販売を開始しており、同社製品は全世界に約1万機設置されています。XZERES 442SR は、2014年9月、日本海事協会から10kWの発電機の認証を取得しました。

そして2015年1月、熊本県に日本第1号機を設置。これは10kWクラスの風力発電機を系統連系に接続し、1kwあたり55円の固定価格買取制度(FIT)を利用した日本初の事例です。XZERES 442SRは優れた投資効率で、低コストでクリーンなエネルギー生産を実現します。

数多くの小型風力発電機設置によって証明されたグローバルな企業

実績 ・耐久性と性能の実績記録が証明する風力エネルギーソリュージョン
・9000機を超える世界規模の設置実績
・フォーチュン500社から選ばれた経験豊富でプロフェッショナルな経営指導力
・世界的な認証取得
機能・技術 ・実地で証明された性能と耐久性
・再生エネルギー分野におけるデザイン経験を持ち、製品開発に優れた技術性
・特許取得の技術特許取得の技術
・20年にわたる可動性能を約束する耐久性
サポート ・ワールドクラスの顧客、技術サポート
・業界をリードする保証内容
・インターネットによる遠隔管理システム
デザイン ・たった2箇所の可動部分によるシンプルなデザイン
・最高のエネルギー生産を可能にした効率の良いデザイン