新電力(PPS)事業

  • TOP
  • > 事業案内
  • > 新電力(PPS)事業

新電力(PPS)事業

2016年4月、家庭向け電力自由化

この最終的な電力の自由化により、すべての家庭がそれぞれ自由に電力をどの会社から購入するかを選択することができるようになりました。このことによって様々な業種(携帯キャリア、ガス会社、コンビニなど)が、新規に家庭用電力会社として参入してくると想定されています。

この電力の販売が自由化されることにより、消費者の選択肢は増えると共に、どのような電力を買うかという意思を持つ必要がでてきます。たとえば、少々高いけれども自然エネルギーで発電された会社の電力を利用するのか、安いけれど自然に負荷が高い電力を利用するのかという選択です。将来を考えることは重要ですが、同時に日々の生活も重要です。そこで一番望ましいのは、価格も安く、環境に負荷が少ない形で発電された電力といえるのではないでしょうか?

当社が考える新しい電力の”かたち”

当社が考える未来は、多くの人が自然と共生しつつ電力という偉大な文明の発明を利用できる社会です。もうこれ以上、文明の進化が自然を壊すことと同義であってはなりません。自然の力を最大限に生かしながら、自然の一部として存在できる、まずは基本インフラである電気から変えていくことが私たちの望みです。