再生可能エネルギーと地域振興

2015.06.17 info

再生可能エネルギーと地域振興

太陽光発電がここ数年であまりにも普及したため、他の再生可能エネルギーの普及を阻んでいる側面があるようです。たとえば太陽光発電のパワコンを作るのが忙しいので、小形風力のパワコンを作っている暇などないとする製造会社、経産省の認定にしても太陽光にはネット申請ができるけれども他は各地方で手持ちしなければ申請できません。再生可能エネルギーといってもここ数年は、まさに太陽光発電だけという環境であったといえるでしょう。しかしながら昨年の九電ショックにより、この位置づけも少々変わってきていると思われますが、まだ持ち越された太陽光発電の工事需要がここ数年見込めるため、バランスがとれるのにはまだまだ時間がかかりそうです。

当社では、小形風力発電にも力を入れていますが、これも申請に時間がかかる、申請を通っても連系協議はそれぞれのパワコン申請などなど、ハードルは非常に高いです。また太陽光が普及しすぎたため、系統に簡単に連系できないという問題もあります。これは蓄電池を活用すれば、連系は可能となりますが、その分費用も手間もかかります。

しかし経産省が地域振興の一環として、小形風力とバイオマス発電に力をいれていることは、少々ながら追い風です。どのような障壁があったとしても再生可能エネルギーのさらなる導入は未来から与えられた使命だと私たちは考えています。